男の人

スタスタ歩ける自分に驚き!|関節痛を治したいならサプリメント

ガン治療に新たな救世主

キノコ

シイタケの根の部分が鍵

昨今、製薬会社が力を入れている免疫研究において、「免疫抑制の解除」が注目されています。免疫抑制とは免疫力を無力化する細胞の働きを指します。ガン治療には、こうした免疫抑制を解除し、患者の免疫力を持続的に高めることが求められていました。そのような状況において近年、シイタケ菌糸体に免疫抑制解除作用があることが判明し、医療の現場で活用されています。シイタケ菌糸体はシイタケの根の部分を指し、本来は笠へ栄養を補給する役割をしています。実はシイタケ自体は、古くから抗ガン研究の場で着目されていました。今回のシイタケ菌糸体の研究成果はそうした長年の研究の末、実現したものです。免疫力を活性化するだけでなく、免疫力を阻害する原因へアプローチする新たな視点が、未来の医療を変えようとしています。

サプリメントで賢く摂取

シイタケ菌糸体は根の部分にあたるため、食卓では摂取できません。そこで、最近ではシイタケ菌糸体をサプリが発売されるようになりました。ガン治療に限らず、病気に負けない健やかな体づくりをしたいと考える消費者からも支持されています。シイタケ菌糸体から抽出されるエキスには、アラビノキシランやβーグルガン、αーグルガンといった有効成分が含まれており、これらが体が本来持つ免疫力を高め、健康維持をサポートしてくれると期待されています。先端医療の現場でも注目されているシイタケ菌糸体は、元々ガン患者の治療のために解明された成分ですが、今後はこうしたサプリも普及することで、私たちにとっても身近な存在となることが予想されます。